ダブルショルダータイプのキャディバッグ

ダブルショルダータイプのキャディバッグ

キャディバッグを自分で担いでラウンドするプレイヤーに使われているのがダブルショルダータイプです。
いわゆる普通のキャディバッグには、ショルダーストラップが1本のものが多いのです。
それを右か左の肩にかけて持ち歩きます。

 

しかし、このダブルショルダータイプは違います。
ショルダーストラップが2本ついていて、両肩にかけて持ち運びするのです。
いわばリュックサックのように背負うタイプということです。

 

セルフプレーをする方やショートコースなどでカートに乗らないプレイヤーが自分で背負ってラウンドするのに最適です。
もちろんハンディストラップもついていますから、マイカーに載せたりちょっとした距離を運ぶ時も不便は感じません。

 

ゴルフは耐久スポーツだと自分の足でラウンドするプレイヤーには、このダブルショルダータイプのキャディバッグでがっちりと体力作りをしてもらいましょう。
もちろん、突然の雨に備えてレインウェアはしっかりと用意しておきましょう。
クラブハウスまで濡れながら帰らなければならないからです。