スリムタイプのキャディバッグを選ぶ人

スリムタイプのキャディバッグを選ぶ人

スリムタイプのキャディバッグを選んで心地よく使っているプレイヤーも多くいます。
とても軽く運びやすいのが特徴です。
スリムタイプというだけあって、ゴルフクラブはたくさんは入りません。

 

普通のものは14本のゴルフクラブを収納して、そのほかにもボールなどいろいろ持ち歩けるような大きさです。
その分重量が半端ではありません。

 

一方、スリムタイプは数本のゴルフクラブだけを持ち運ぶものです。
ゴルフクラブが5〜6本程度収納するものや、9〜10本ほど入るスリムタイプもあります。
いずれにしてもフルセット持ち歩かないでいい、というプレイヤー向けにいいキャディバッグといえるでしょう。

 

練習場に通う時やショートコースを回る時はこれでいい、と思うプレイヤーも少なくないと思います。
ゴージャスでずっしりとしたものでなければキャディバッグではない。
そんな思い込みから脱却してスリムタイプで軽々とラウンドを楽しみましょう。
ゴルフってなんて楽しいスポーツ何だろうと、再発見があるかもしれません。